住 所
〒104-0052
東京都中央区月島1-5-2
キャピタルゲートプレイス
電 話 番 号
03-5144-0012
診療時間
午前 10:00〜13:00 / 午後 16:00〜19:00
日祭日 10:00〜13:00
水曜日:予約診療および手術、特殊検査日
日祭日
予約
診療
午前
診療

初診随時受付けております

先生に相談 お気軽にご相談ください

下記クレジットカードが使えます

VISAMasterCardAMERICAN EXPRESSSAISON CARDJCBDiners ClubDISCOVER

English フェイスブック
アクセス
アトピー性皮膚炎 2015年6月1日
  • 原因は?
    先天的な皮膚のバリア機能の低下によって、環境アレルゲン(ハウスダストや花粉など)が侵入しやすくなり、これが引き金となって痒みが生じます。さらに感染や寄生虫などの増悪因子が加わると、症状が悪化します。
     性別に関係なく、3歳以下で認められることが多く、チワワ・トイプードル・柴犬・ウエスティ・ボストンテリア・フレンチブル・パグ・シーズー・ミニチュアシュナウザー・アメリカンコッカースパニエル・ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバーなどが好発犬種として知られています。
  • 症状は?
    特徴的な痒みがあり、目の周り・口周り・脇の下・内股・足ウラに皮膚症状が現れ、舐める、噛む、引っ掻く、こするなどの症状を示し、発赤・脱毛・皮膚の黒ずみ、皮膚の肥厚などが認められます。また耳の中は汚れていないのに、周りが赤くて来院するケースもよくあります。
  • 診断は?
    痒みを特徴とするその他の皮膚病を除外します。また、アレルギー症状と区別するためには、IgE検査という血液検査を行ったり、食事アレルギーを除外するために、アレルギーを起こしにくい食事を与えます。
  • 治療は?
    副作用が出ないように、ステロイド剤の年間投与量を決めながら投与する方法や、インターフェロンの注射による体質改善、根本治療を目的とした減感作療法、痒みのコントロールが非常に困難な場合は、皮膚の免疫抑制剤を必要とする場合もあり、その子にあった治療方法を相談しながら進めていきます。どの治療方法を選ぶとしても、動物病院と密な連絡を取りながら、治療を進めていく必要があります。

一覧に戻る

トップへ戻る