住 所
〒104-0052
東京都中央区月島1-5-2
キャピタルゲートプレイス106
電 話 番 号
03-5144-0012
診療時間
午前 10:00〜13:00 / 午後 16:00〜19:00
日祭日 10:00〜13:00
水曜日:予約診療および手術、特殊検査日
日祭日
予約
診療
午前
診療

初診随時受付けております

先生に相談 お気軽にご相談ください

下記クレジットカードが使えます

VISAMasterCardAMERICAN EXPRESSSAISON CARDJCBDiners ClubDISCOVER

English フェイスブック
過去のお知らせ
大腸炎の原因 2015年12月1日
  • 大腸炎には様々な原因があります。一番多いのは食事性で、たくさん食べすぎた、いつもと違うものを食べた、毒を食べた、食べ物ではないものを食べた、などです。その他、感染性(ウイルス、細菌、カビなど)、ストレス性が多くを占めますが、腫瘍や、他の臓器の病気の症状の一つとして現れる場合もあります。
  • 症状は?
    主に、少量の下痢を何回もするようになります。ドロッとした粘液が混ざったり、血が混ざったりもします。お腹の中に便が残っていないのに、残便感があり、腹痛になってしまう事も多くあります。これらの症状に加え、食欲や元気が無くなってしまう事も考えられます。
  • 診断は?
    まずは、原因に目星を付ける必要があります。おかしなものを食べてしまっていないか、いつもよりたくさん食べてしまっていないか、特別なイベントはなかったか、など、最近の出来事を細かく思い出す必要があります。過去の事実に基づいて、検査を行います。特に便検査は大切です。さらに、食欲や元気が無くなってしまっていれば、血液検査、レントゲン検査や、超音波検査なども行います。
  • 治療は?
    多くの場合は、検査の結果に基づいて、止瀉薬、駆虫薬、抗菌薬などの内服薬や注射、療法食などによって改善されます。しかし、他の臓器の病気の症状としての下痢や、腫瘍の症状としての下痢であれば、治療が複雑になり、長引くこともあります。
    おなかがくだってるだけだから、とは思わずに、来院されることをお勧めします。

一覧に戻る

トップへ戻る