住 所
〒104-0052
東京都中央区月島1-5-2
キャピタルゲートプレイス106
電 話 番 号
03-5144-0012
診療時間
午前 10:00〜13:00 / 午後 16:00〜19:00
日祭日 10:00〜13:00
水曜日:予約診療および手術、特殊検査日
日祭日
予約
診療
午前
診療

初診随時受付けております

先生に相談 お気軽にご相談ください

下記クレジットカードが使えます

VISAMasterCardAMERICAN EXPRESSSAISON CARDJCBDiners ClubDISCOVER

English フェイスブック
過去のお知らせ
肥満 2017年1月5日
  • ウチの子、太ってるの?
    肥満は様々な病気や障害の原因となります。肥満を予防することは、健康と長生きのための大前提です。では、ちょうど良い体重はどれくらいなのでしょう?品種だけでなく、体長や骨格、性別、年齢などによって、適正体重は異なってきますので、まずは今のウチの子の適正体重を知ることが重要です。毎日見ているからこそ体型の変化に気付かないことも多くあります。ただの肥満だと思っていたら、病気の症状だったり、そもそも肥満ではなく、妊娠、腹水、お腹の中のシコリだったりすることもあります。
  • どうしたらいいの?
    まずは、体重が適正かどうかを判断します。長毛種の場合には、毛だと思っていたら身だったということも多くあります。体重測定と体型の診断をしてもらって、病気はないことと、今のちょうど良い体重を確認しましょう。
    もし病気が見つかれば、すぐにその治療を始めることになります。病気ではなく、ただの肥満だということになれば、減量を始めます。減量のためには適切な運動が重要ですが、無理な運動は関節や心臓などのトラブルを引き起こしかねません。低カロリー食を使用することや、与える量や回数、方法を見直すことなどで、無理のない食事制限をしながら、適度な運動をしてあげましょう。食事制限にはおやつやご褒美も含まれます。口に入る全ての食べ物を管理してあげましょう。
    減量に成功しても、そこで終わりではありません。リバウンドしてしまわないように、適度な運動と食餌管理を継続する必要があります。
    現在肥満でない場合にも、予防が必要です。日頃から定期的に体重を測定し、現在の適切な食事量と運動量を把握してあげてください。いつでも食べられる状態にすると肥満になりやすくなります。おやつやご褒美は最小限に抑え、無理のない運動をしてあげてください。

    減量や肥満予防は、ご家族全員の根気強い協力が必要です。誰かが頑張っていても、他の誰かがあげてしまっていたら、全く意味がありません。肥満は様々な病気の原因となること、それはご家族次第であることを、ご家族全員が理解して、ちょうど良い体重を維持してあげてください。
  • 当院の待合室には、体重計があります。お散歩ついでに体重測定にいらしてください。
    体型や食事について、気になることや心配なことがあれば、お気軽にご相談ください。

一覧に戻る

トップへ戻る