中央区月島・勝どき・豊洲のアニーマどうぶつ病院です。当院では皮膚科、ガン・腫瘍科に力を入れています。

午前 10:00~13:00
午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

診療時間
日祭日
特殊
検査
午前
診療

〒104-0052
東京都中央区月島1-5-2
キャピタルゲートプレイス

初診随時受け付けしております

初診の方へ

HOME > 初診の方へ

治療の流れ

当院は予約制ではありませんので診療時間内にお越しください。

  1. 1. 受付

    待合室で初診票のご記入をお願いします。
    ご来院の際は、ワンちゃんにはリードをつけ、ネコちゃんはキャリーボックスでお越しください。

    初診表ダウンロードご自宅でゆっくりご記入いただくと症状等詳細を明記できるため、獣医師に伝わり易くなりますのでぜひご利用ください。

  2. 2. 診察

    受付でご記入いただいた初診票を元に症状を詳しくお聞きいたします。
    必要な場合は血液検査等行いますので、待合室で少しお待ちいただく可能性があります。

  3. 3. 検査

    必要に応じてレントゲン、血液検査を行い、より詳しく検査いたします。

  4. 4. 報告

    検査の結果をお話させていただきます。
    もしご不明な点が少しでもありましたら遠慮なく担当獣医師にお聞きください。

予防について

イメージわんちゃんの場合
  • 伝染病予防ワクチン

    ワンちゃんには毎年ワクチンを接種する必要があります。ワクチンにはジステンバー、パルボウイルス、レプトスピラ、伝染性肝炎、コロナウイルスなどを一度に予防できる混合ワクチンが一般的です。

    ワクチン接種費用 6,000円~
  • 狂犬病予防接種

    狂犬病予防接種は法令で定められている予防接種です。狂犬病予防接種が終わったら市区町村への登録を行います。
    中央区にお住まいの方には、狂犬病予防注射手続き代行サービスを無料で行っております。

    予防接種費用 3,100円
  • フィラリア症予防

    犬フィラリア症は、知らないうちに病気が進行し、最悪は死にいたる恐ろしい病気です。日本のワンちゃんの3頭に1頭がかかっているとも言われています。この病気は蚊を媒体として、血液中や心臓に虫が住みついて起こります。蚊が飛び始める時期から予防薬を与えることで、感染を防ぐことができます。(予防を始める前に血液検査をしましょう)

    予防薬 800円~
  • ノミ・ダニ予防

    ノミやダニが体に付着して吸血することで、貧血や恐ろしい病気にかかってしまう危険があります。種類によっては致死率の非常に高い病気もあります。月に1度の投薬で予防することができます。

    予防薬 1,500円~
  • 避妊・去勢手術

    子供を生ませないつもりなら、不妊手術をお勧めします。当院では6ヶ月齢より手術を行っています。(男の子も女の子も原則、日帰り手術です。)

    手術費用 30,000円~
  • 健康診断

    年に1,2回は病院で健康診断を行いましょう。ワンちゃんは1年で人間に換算すると、4歳歳を取ると言われています。年に2回は定期検診を受診することをお勧めいたします。

イメージねこちゃんの場合
  • 伝染病予防ワクチン

    ネコちゃんには毎年ワクチンを接種する必要があります。ワクチンには猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症などを一度に予防できる混合ワクチンが一般的です。

    ワクチン接種費用 5,000円~
  • 猫白血病ウィルス感染と猫免疫不全ウィルス感染症

    猫白血病(FeLV)と猫免疫不全ウイルス感染症(FIV)は、猫への感染頻度も高く症状も重い病気です。どちらも感染してから症状が出るまで1年から数年もかかります。現時点ではこれらに有効な治療法がないため、病気にかかる前に予防が必要です。
    FeLVもFIVワクチンもともに、生後8週目ごろから接種できます。すでに感染しているネコちゃんにワクチンを接種しても効果はありませんので、ワクチン接種前に検査をすることをお勧めします。

  • ノミの予防

    ノミはかゆみを引き起こすだけでなく、他の病気を運んだりする原因にもなります。もちろん、ノミがいるネコちゃんを飼っている人も非常に不快です。現在、ノミの予防は簡単にできます。ノミ知らずで快適なペットライフを楽しみましょう。

    ノミの駆除 1,250円~
  • 避妊・去勢手術

    子供を生ませないつもりなら、不妊手術をお勧めします。増えた子供を育てたり、里親探しに苦労することを考えれば生ませないほうがいいでしょう。また、育てられないからといって捨ててしまうといった不幸も避けられます。さらに、屋外に出ることの多いネコちゃんの場合、不妊手術をすることによって、他のネコちゃんとの喧嘩など接触が少なるために病気をうつされるといった確率が少なくなるなど、予防や精神的な観点からも非常に有効です。当院では生後4か月齢より手術を行っています。

    手術費用 20,000円~
  • 健康診断

    1年でネコは4歳の年を取ると換算されています。1、2回は病院で、健康診断を行ってあげてください。

健康診断について

わんちゃん、ねこちゃんの病気にも早期発見・早期治療が肝心です。そのためには、人間と同様に定期的な健康診断がとても重要になります。
血液検査の項目には参考基準範囲が設定されていますが、実際は個体毎に少しずつ「正常である範囲」は異なります。若くて健康なうちに、検査の値を蓄積していくことで愛犬・愛猫の参考基準範囲(ベースライン)を知ることができます。たとえば健康な時のベースラインを知っていれば、年を取ってから顕著な数字の変化があった時に、ベースラインと比較することができるのです。
このように若いうちから定期的な健康診断を受けてベースライン値を知っておき、特に病気のリスクが増加する7歳以降では1年に2回の定期健康診断をすることが健康寿命を延ばす鍵となると言っても過言ではありません。

若くて元気なうちは健康診断はいらないと思いがち。でも、その子の健康時の検査数値を定期的に知ることで、わずかな異常でも発見できる可能性が高まり、将来の病気の早期発見に役立ちます。ぜひ、健康なうちから定期的な健康診断を受診してください。さらに、7歳を超えると中年期に始まると考えられています。人間と同様に中年以上になると、心臓病、腫瘍、腎臓病、内分泌疾患など、様々な病気のリスクが上昇します。7歳以上なら1年に2回の目安で健康診断を受け、病気の予防や早期発見をしてあげることが重要です。

当院では、健康診断の一貫としてペットドックも行っております。年齢やその子の状態に合わせて、各種コースを設けております。お気軽にご相談ください。

診療時間

日祭日
特殊
検査
午前
診療

午前 10:00~13:00 / 午後 16:00~19:00
日祭日 10:00~13:00

水曜日:手術・特殊検査日
当院は予約制ではありません

  • 中央区ドクターズ interview
  • アニーマ動物病院 LINEアカウント
  • calooペット interview
  • アニコム
  • アイペット
  • アクサダイレクト
  • クレジットカード